鹿児島の温泉

鹿児島市は温泉の多いところです。

参考⇒温泉・エステ:鹿児島、選ぶならココで決まり!

温泉地の旅館やホテルといった宿泊施設だけでなく、銭湯の多くも温泉が使用されています。

銭湯は一般的な公衆浴場にある大浴場だけでなく、サウナやジャットバスなどもあるので、広々とした敷地に施設も充実しています。

早朝から夜遅くまでの営業時間で、思い立った時に身近に温泉を楽しめるエリアです。

鹿児島は元来、西日本火山帯の中に位置しているため、温泉地の数が多いことで知られています。

温泉地と呼ばれるエリアだけでも40カ所ほどあり、源泉だけでも270以上の数を誇ります。

全国に目を広げても2番目に温泉が多いのです。

選択肢が多いので、温泉だけを楽しむために鹿児島へ出向くのもおすすめです。

海岸で寝そべって砂をかけてもらって楽しむ「砂むし」温泉から、飲む温泉「飲泉」まで、全国でも珍しい温泉が楽しめるエリアです。

歩行浴やミニプールのある温泉銭湯もあり、エクササイズや健康管理に気軽に利用することもできます。

300円台で楽しめる温泉や無料で楽しめる足湯などもあり、コストをかけずに温泉を堪能することも可能なのが、鹿児島ならではの良さとも言えるでしょう。

温泉は循環ろ過で清潔さを保たれています。

毎日のお湯の入れ替えなど、利用者が気持ちよく温泉を利用できるよう、市内の温泉や銭湯ではメンテナンスにも気を使っています。

温泉の文化は日本ならではの伝統。

マナーを守り、さまざまな温泉設備を堪能できるのが、鹿児島の醍醐味です。